本ページは、咲和惟 代表 三枝克之が主催するAI・機械学習、デザイン・3D-CADソフトウエアに関する講習会を受講する方々向けの情報となります。(2018-9-13)
・小学生の頃
絵や工作の入賞多数、
岡本太郎にインパクトを受けて、岡本太郎になろう!と思っていた時期がありました。今でも爆発したいときは、岡本太郎なら、なんというかな、どうするかな、と、想像しています。ただ、学校の担任の先生からは、非常に
・1989年以前
武生高校では、学内テストでの順位は平均以下でした。
父が家で眼鏡の生産をしており、高校在学中は、メガネの機械で「リム」を巻いていました。FANUCのCNCを搭載したENSHUの機械があり、その機械で元の形状になるジグなどを作っていました。
当時のメガネの機械は故障・停止が多く、資料もないため、自分で機械の制御を勉強して修理しました。リムの機械が故障すると治るまで(夜まで)修理にかかりました。学校は遅刻も多かったです、学校の部活はせず、補習にはほとんどいきませんでした。
機械が順調に動いている間は、機械をみながら、覚えていられる数学と物理の問題を、頭の中だけで解く、ということしかできませんでしたが、これがなかなか良い体験でした。
数学や物理の公式的なものは、覚えなくても、自力ですぐに同じものが導出できました。高校3年時には、大学2年くらいの微積、線型代数、統計の内容は教科書がなくともイメージにあふれ公式の導出が自然に出来ていました。
・1989年

図書館にあった大学への数学の学力コンテストに面白い問題があり、回答を出してみたら、成績優秀者として名前を何度か掲載していただきました。

数学・物理の体験について

数学と物理は、「用語」や「公式」を問題にあてはめる「作業」が試験ですが、そんなものでは無いと思っていました。たとえば、行列は、空間を隅々まで変換するエネルギーです。それを認識せずに、公式で問題を解く作業の無意味なこと、といったら、ありません。

そして、それは岡本太郎的なものなのです。
高校の補習に行けなかったため、先生からは、どこかで勉強をしているのか、なぜ補習にでないのか、と問いつめられましたが、家の仕事が忙しく、自分もそれをそのまま親にいうと、かなり嫌な怒られ方をします。手伝わないと家が取られる・・・と父母から言われました。
進路指導で希望を東工大4類とかきました。「高校内の統計データでは、4類は東工大の中でも難関で、当校での現役合格者はほとんどいないから、他の類にしなさい。落ちたときのために、早稲田や慶応の理工も受けなさい。それが君のためだよ」、と言われました。
先生の話もごもっともかもしれないのですが、図書館で過去問が充分解けるようになっていたので、難問系の模試を受けて、準備をしましたが、落ちたら落ちたで、家を出て、もし落ちたら自由になって、稼業の拘束から離れていろいろ働きながら、世界を広くみてやろう・・、と思っていました。
駿台・東大実戦模試(数学1位 / 物理 5位) 1回しか受けてませんのでマグレかもしれません。
SEG数学予備校89年入試試験 特待生合格(全国1位) 1回しか受けてませんのでマグレかもしれません。
東京工業大学4類(機械・制御・経営) 合格。 (入学・のちに休学・時限退学となります。)
  
・1993年
ファナック株式会社様でインターン
 本社・商品開発研究所・ロボット設計・開発に従事
ファナック様では商品開発部の方々と、産業用多軸ロボットの空間重心、運動方法、トルクに関する計算やプログラムを富士通のFM16β(オフコンみたいなパソコン)を使いCで組みました。貴重な技術のご指導を頂き感謝してます。入社の打診を受けるも、丁寧にお断りさせて頂きました。
・父の事業(眼鏡製造)の借金と人手不足などのため大学を休学。眼鏡の事業では、設計や生産設備設計をしていました。休学後、小竹眼鏡の倒産などもあり、お金だけでいうと5000万円ほどの借金がありました。
社屋があるので、会計士の先生はトータル赤字ではない、ということでしたが、あとで、父母への役員未払金が沢山あることがわかりました。
・県内の機械設計企業(IAシステム様)から、眼鏡機械の設計と制御を引受(NC加工機・自動化製造機を企画・製作)。県内のIT企業(A社様)から、SONYのデジタル映像装置のワークステーション制御を引受。
・両親の事業、負債、社屋などを引継ぎ。「さえソフト」で、ソフトウエア製造業とし、眼鏡製造は整理しました。
・事業を整理・拡張し、「咲和惟」に社名変更。
ソフトウエアに加えて、CAD+CNC+機械制御、執筆等を業務に組み入れました。
過去の眼鏡経験は、デザイン・設計業務や、CAD/CGの技術教育、3Dによるカタログや店頭表示装置、に活かすようにいたしました。JIDA関西様より、3D-CADのデザイン・エンジニアリングに関するプレゼンテーション・解説の依頼を受け、関西で著名な方々を前に、セミナー形式でツール類、ワークフローを説明しました。関西のデザインに携わっている方々や、ライノセラスを作っている方々、使っている方々とご縁が広がりました。
 
・現在
CAD/CAM/業務システムクラウド/AI化を進めています。
WEB、システム開発、CADCAM、各種計算など、Pythonが主力となっています。